無添加化粧品とは

今化粧品の中でも、無添加と言う物が主流になってきています。敏感肌の方で安心して使えると、お肌が弱いかたなどは無添加化粧品を使っているのではないでしょうか。

 

確かに無添加と聞くと肌に優しいというイメージがありますよね。私も肌が弱いために、無添加ならば安心して使えると思っていました。しかし実際に無添加化粧品を使ったところ、スキントラブルを起こして締まったのです。

 

どうしてかと調べてみると、無添加と書かれている化粧品の中に、防腐剤は必ず最低限のものが入っていると言う事がわかりました。防腐剤とはパラベンの事です。

 

ノンパラベンと記載言っている化粧品のパッケージを見ると、多くの化粧品にはパラベンは配合されているんです。これは完全な無添加ではありませんよね。

 

化粧品はたいてい2〜3カ月使うことができますよね。その期間問題なく使用するためには、必ず防腐剤が必要になってきます。ですから100%無添加という化粧品を作るのは、実際には無理があるのです。もちろん中には100%無添加の化粧品はあります。

 

このような100%無添加の化粧品には、防腐剤と同じ働きをする自然原料が使用されているために、お値段が普通の物よりも少し高めのものが多いようです。

 

また防腐剤を入れていないために、容器を小さめなものにして、期限内に使用出来るような物もあります。安全に安心して使うためには、本当の無添加化粧品を探すことです。記載されている無添加と言う文字に惑わされないようにしてくださいね。

無添加化粧品 人気ランキング

  1. オラクル化粧品
  2. メディプラスゲル
  3. どろあわわ

関連するサイト

草花木果のスキンケアは簡単3ステップ
簡単3ステップと言っても、どれだけ簡単なのでしょうか。3ステップの内訳は、「洗顔」「化粧水」「美容液」のたったこれだけなのです。

無添加化粧品人気ランキング新着記事

2013/09/24 14:53:24 |
旧表示指定成分って聞いたことがありますか。この旧表示指定成分とは、1970年代に旧厚生省が102種類の化粧品成分について、アレルギーの危険性を認めて表示成分としたものです。この旧表示指定成分を化粧品のパッケージなどに、表記することを義務つけたのです。この102種類の成分のほとんどが、石油から合成されら合成成分であり、合成界面活性剤・タール系色素・合成防腐剤が含まれています。2001年からは、全成分の表記が義務付けられたために、今は旧表示指定成分と言われるようになりました。ここで言いたいのは、旧表...
2013/09/24 14:53:24 |
皆さんの中にもオーガニック化粧品を使っている方はいるかと思います。しかし中には「無添加化粧品って、オーガニック化粧品ではないの?」と思う方もいるのではないでしょうか。オーガニック化粧品とは、自然由来の成分を中心に配合し、化学的な成分を含んでいない化粧品の事を言います。多くのオーガニック化粧品は、長持ちをさせる添加物を配合していないために、使用期限が短いのも特徴です。そして無添加化粧品とは、旧表示指定成分を含んでいないものを言います。もちろん100%の無添加の化粧品もありますが、それらは多くの無添...
2013/09/24 14:53:24 |
無添加化粧品の中で良く聞く言葉に、「自然由来の」と言う文字がありますよね。私だけではないと思いますが、自然由来と聞くとどうしても肌に優しいと言うイメージを持ってしまいませんか。自然由来の○○・天然由来の○○とありますが、界面活性剤などでも自然由来のものがあります。ただここで間違えないでいただきたいのが、界面活性剤は決して害になる物ではないと言うことです。石油系界面活性剤は肌には良くありませんが、天然のものでしたら問題はありません。しかし「由来」となると話しは違います。由来と言うのは、天然の物を使...
2013/09/24 14:53:24 |
敏感肌の方にとっては、毎日使う化粧品だからこそ、選ぶのもとても難しいのではないでしょうか。特にアレルギーがある方ならば尚更ですよね。無添加化粧品と言うと、安全で安心して使う事が出来ると考えている方もいるかもしれませんが、無添加化粧品という文字だけで過信してはいけないということだけは覚えておきましょう。今までにも書いたように、無添加と記載されていても、絶対に安心できる化粧品はほんの一部です。今までに自分が使った事のある化粧品で、スキントラブルを起こした事がある方は、どんな成分が含まれていたのかを再...